MENU

乳首が色素沈着して黒くなる原因

 

乳首にメラニンの色素沈着が起こると乳首色が黒くなります。

 

そのため、男性に嫌われてしまったり経験人数が多い遊び人と思われてしまうのが嫌で悩んでいる人は多いです。そもそも何故色素沈着を起こしてしまうのでしょうか?

 

原因を紹介するとともに、改善方法も紹介していきます。

 

そもそもメラニンが分泌されるのは決して悪いことではありません。肌の細胞が刺激などからダメージを行う役割を行っているからです。

 

肌の細胞を守るためにからだの中で作られるがメラニンなのですが、本来であれば色素沈着をしたとしても肌のターンオーバーによりメラニンは外に剥がれ落ちます。

 

皮下組織では新しい皮膚が常に生まれて、古い皮膚は垢や角質と一緒に剥がれ落ちています。これをターンオーバーというのですがもう少し分かりやすくいうと、転んですりむいたとしても肌が元に戻るのは新しい皮膚が作りだされるので治るってことです。

 

ようするに色素沈着を起こしたとしても、皮膚細胞はターンオーバーをすることではがれ落ちてしまうので黒ずみができることはありません

 

しかし、肌が乾燥したり必用な栄養素が補給されていないとターンオーバーが正常に行われなくなります。そのため、古い色素沈着した肌細胞が剥がれ落ちずに残ってしまうので黒ずみとなっているのですね。

 

原因から分かるとおり、ターンオーバーを正常な働きにすることで改善して、元にピンクの肌にすることができるようになるのです。もともと黒いと勘違いしている人はいますが、日本人で赤ちゃんの頃から黒いって人は全くいません。

 

もともと黒いと思っているのであれば、小さい頃に紫外線の刺激によって分泌されたメラニンが沈着しているので更に小さいときの記憶が無いだけなのですね。

 

色素沈着の改善方法

 

 

色素沈着の改善方法としては先ほど上げたようにターンオーバーを正常な働きにする必用があります。

 

しっかりと保湿をするとともに肌に必用なビタミンなどをスキンケアで補給する必要があるのですね。ターンオーバーを促すのに加えてメラニンを体から排出する働きである美白成分が配合されているものを利用するといいです。

 

しかし、注意しなければならないのが乳首はからだの中でもデリケートゾーンであることです。

 

刺激に弱いので配合されているクリームなどの成分によっては肌細胞を刺激し、メラニンが分泌され色素沈着をしてしまう可能性があります。いくら色素沈着した肌細胞を剥がれ落としても新しく沈着させてしまっては一向に改善はされないのですね。

 

きちんと乳首に塗ることのできる専用のクリームが販売されています。乳首ピンククリームとして、デリケートゾーンにも使えるような成分で作られているとともに、美白成分とターンオーバーを正常な働きにするビタミンなどの成分が配合されています。

 

メラニン色素が沈着をしてしまい乳首が黒くなっているのをピンクにするのなら専用のクリームを毎日つけてケアをするようにしましょう。
効果が高いと評判のクリームについて知りたければ下記で紹介しています。

 

>>>乳首クリーム口コミ