MENU

乳首のメラニンを除去することでピンクにできる

 

乳首が黒い原因はメラニンが肌に沈着をしてしまったためにおきています。そのため、色をうすくしてピンクにするのならメラニンを除去する必用があります

 

メラニンは肌を守るために皮膚の中にあるメラノサイトと呼ばれる部分で分泌がされます。分泌することで紫外線や下着が擦れたことによる刺激など皮膚細胞に与えるダメージを軽減するために作られています。

 

そのため、肌へのダメージが多いと分泌を促進させることとなるのですね。

 

「乳首が黒い人は経験人数が多い!!」

 

男性・女性含めてこう考えている人は非常に多いですが、全てそうであるかと言うと違いますが完全な間違いではありません。つままれたり引っ張られたりしていれば刺激へともつながっています。

 

子供の頃は女の子でも上半身裸で外で水浴びをすることもあります。当然、紫外線によって肌にダメージを受けていますし、特に肌が乾燥をしているとダメージも受けやすいです。(冬に手をぶつけると激痛がするのをイメージすると分かりやすいと思います)

 

全ては刺激によってメラニンが分泌されることが原因で黒くなるので経験人数が少なくとも黒い人はいます。しかし、男女の関係を持つことで引っ張ったりなどの刺激を与えられているのなら色が変化することもあるのですね。

 

そのため、黒い人は遊んでいるのかってのは正解ではないのですが、少なからず間違ってはいえないのです。子供の頃から黒かろうが、経験が多くて黒かろうがメラニンを除去してピンクにするための方法に変わりはありません

 

では、どうすればメラニンを除去できるのでしょうか!?

 

メラニンを除去する方法

 

メラニンが肌に沈着してしまっているのであれば、肌のターンオーバーを促すことと美白成分によってメラニンを除去することができます。

 

肌のターンオーバーを促すことでメラニンが沈着してしまっている肌の細胞を直接はがすことができます。皮膚の細胞は常に生まれ変わっており、古い細胞を垢や角質として剥がれ落とし、新しい細胞が作られています。

 

その働きをターンオーバーというのですが、メラニン色素によって色が黒くなっている皮膚の細胞を剥がれ落とすことで、新しい皮膚の細胞にしてしまうのですね。

 

ターンオーバーを促すのに効果的な成分としては保湿成分であったりビタミンなどの成分があげられます。

 

 

美白成分としてはアルブチンやハイドロキノン、トレチノインと呼ばれるのが有名ですが、ハイドロキノンやトレチノインは刺激が非常に強く逆にメラニンを過剰に分泌させてしまう危険性があるのであまりおすすめすることはできない成分です。

 

結論からすると乳首が黒くなっている原因である、肌に付着しているメラニンを除去するのであれば、ターンオーバーを促す成分と保湿成分の2つを補給してあげる必要があります。どちらか一つだけではたいして効果を得ることができないので、2つとも欠かせないのですね。

 

ただ、注意しなければいけないのがきちんと肌内部まで成分を浸透させること。乳首をピンクにするためのクリームは販売されているものの効果がでないと評判の悪いのも多いです。

 

効果があらわれないのはきちんと肌の内部まで成分を浸透させることができていないからなのです。特に石鹸などだと水で洗い流してしまうのでほとんどの成分は浸透されずに洗い流してしまうので注意が必用です。

 

乳首を美白する専用のクリームできちんとケアをしましょう。今、利用者が急増している人気のクリームについては下記で紹介しています。

 

>>>乳首クリーム口コミ