MENU

乳首の黒ずみを解消するなら予防とクリーム

乳首ピンククリーム

 

乳首の黒ずみをうすくしてピンクにしたいので専用のクリームを使うだけでは足りません。
予防も必要となります。

 

専用のクリームでケアをすることで肌のターンオーバーを促し黒くなる原因であるメラニンを解消させることはできます。

 

しかし、黒くならないように予防をしておかなければ解消しても新しく分泌したメラニンが沈着をしてしまい、いっこうに良くならないなんてことにもなりかねないです。

 

色を更に黒くしないために予防を行いつつ、ピンクに改善をしていかなければならないのですね。

 

予防は簡単

 

喜ぶ女性

 

予防といっても特別大変なことをしなければいけない訳ではありません。乳首が黒ずむ原因は刺激によって、からだの中の肌の断層であるメラノサイトがメラニンを分泌して、肌に皮膚に沈着してしまうことです。

 

そのため、大事なのはターンオーバーと刺激を与えないこととなります。

 

肌のターンオーバーをうながすことによって、メラニンが古くなった皮膚の細胞である角質や垢などと一緒に体外に排出することができるようになります。メラニンが沈着して残ってしまうのを防ぐことができるのですね。

 

また、メラニンの分泌を抑えるようにするためには刺激を与えないようにすることが必用となります。

 

刺激が与えられることによって、肌を守ろうとメラノサイトがメラニンを過剰に分泌するようにするのですが、多くの分量が分泌されればそれがけ沈着する可能性も上がるので色が黒くなってしまいます。

 

刺激を与えないようにするためにはあなたにあったブラジャーをつけることが必用となります。
パカパカであったりすると擦れることによる摩擦などによって刺激が与えられてしまうので、ぴったりのものを利用するようにしましょう;。

 

解消するにはクリーム

 

予防をすることで色が黒くなるのを防ぎます。しかし、これではもともと黒くなっている原因を解消することはできていないので色が濃くならずともピンク色にすることもできません

 

そのため、解消するためにもクリームを使ったケアが必要となります。

 

黒ずみの原因であるメラニンを体内から排泄させなければいけないので、予防と同じようにターンオーバーを促すのことが必要となります。また、美白効果のある成分によって、メラニンの解消を行う必要があります

 

それができるのが乳首の黒ずみ解消クリームです。

 

美白成分と肌のターンオーバーを促すために保湿成分、メラニンを分泌するメラノサイトまで成分を浸透させる成分。
これら3つの役割を持った成分が配合されたクリームを使うと効果的です。

 

乳首に塗るためにつくられているクリームなのでハイドロキノンやトレチノインなどの成分を配合していることはほとんどありません。
ハイドロキノンは肌の漂白剤ともいわれている優れた成分ではあるのですが、刺激の強い成分なので余計に黒ずむことにもなりかねないのですね。

 

美白化粧品には乳首に塗るためにつくられている訳ではないので、刺激のある成分が配合されていることもあり、色が余計に黒くなることもあるので、乳首には使用しないように注意してください。

 

>>>乳首の黒ずみ解消クリームについて