MENU

乳首がかゆいのと色が黒いのは同じ刺激が関係している

 

乳首がかゆいなんてことはありませんか!?

 

最初はそのうち治まるだろうと思っていたものの全くそんなことはなく、1ヶ月、2ヶ月長い人だと1年以上かゆみが治まらずに悩んでしまっている人も多いです。

 

当サイト「乳首黒いのとさよなら」では色が黒くなってしまった人に美白する為にはどうすれば良いのかやどんなクリームを使えば良いのかを紹介しています。この黒ずみとかゆみは関係している部分が多いです。そのため、改善策も大きく変わりはありません。

 

黒ずみができてしまう原因は肌への刺激。そしてかゆい原因に関しても肌への刺激となります。

 

日ごろかいてしまい刺激を与えることで段々と乳首の色も黒くなってしまうことが考えられるのですね。そして、かゆみが起きる原因に関しても乳首が弱った状態に刺激が与えられてしまったことなのです。

 

この2つを改善する為の方法は同じで、大事なのは乳首を保湿すること。

 

乳首を保湿することでかゆいのを防げる

 

かゆいと感じているのであれば乾燥をしてしまっているはずです。皮膚のバリア機能が低下してしまっている為に乳首へ与えられる刺激を軽減することができていないのです。このバリア機能とは保湿剤の膜のことをいうのですが、皮膚内の水分を蒸発させないようにする働きと外からの刺激を肌に与えないようにする2つの働きがあり、これを総称してバリア機能と呼ばれています。

 

肌に刺激が与えられるとかゆみが生じるのですが、分かりやすい例えで言うなら高温の温泉です。熱い温泉にいきなり入ると身体中をついついかきむしってしまいます。これは肌への刺激がかゆいと感じさせているのですね。

 

有名なのだとダチョウ倶楽部が熱湯をかけられたりする芸ですね。熱い熱湯をかけられることで身体中をとっさにかきむしっているはずです。

 

肌を保湿することによって保湿剤の膜がブラジャーの摩擦による刺激と蛍光灯から発せられる微量の紫外線の刺激から守ってくれます。そのため刺激を軽減することができるのでかゆみを抑えることができるのですね。

 

乳首がかゆいのが一向に治らないので心配になり病院で処方された薬や薬局などの市販薬を利用する人もいます。しかし、薬は炎症を抑える為のもので皮膚を保湿する為のものではないので、効き目がほとんどあらわれません。

 

かゆみを改善するのであれば日々のスキンケアによって乾燥した肌から潤いのある肌へとケアしていかなければならないのです。

乳首がかゆいのを止める※酷いかゆみを自宅で抑える方法記事一覧

乳首がかゆいからと掻いてしまい後悔している人は多いです。色が黒くなったり乳輪が大きくなったりとトラブルの種を増やしてしまうのですね。原因をしっかりと把握してかゆみを止める方法を紹介しています。
乳首がかゆいのが一向に治らない為に病気ではないかと心配されていませんか!?かゆみを伴う病気として有名なのが乳がんです。しかし、ほとんどの人は関係ないと思って大丈夫です。