MENU

乳首にハイドロキノンをつけると黒くなる

黒ずみに落ち込む女性

 

肌の漂白剤とも呼ばれ美白化粧品に含まれていることが多いハイドロキノン。
乳首が黒くて悩んでいる人で用いることがあるのですが、余計に黒くしてしまう副作用があるので注意が必要です。

 

ハイドロキノンによって、美白効果が期待できる理由としてはメラニンを除去する効果があるためです。

 

乳首が黒い原因は皮膚にメラニン色素が沈着をしてしまったことが理由となります。
そのため、ハイドロキノンには除去してくれるので確かに美白効果があるのに間違いではないのですが、刺激が強く副作用がある成分となっています。

 

美白化粧品などに含まれているハイドロキノンの量は2パーセントまでと制限が加えられるほどに肌への刺激が強い成分となっています。
からだの中でも特に繊細で敏感な乳首につけることによって、刺激の強さから副作用がでてしまうのですね。

 

メラニン色素はからだの中のメラノサイトと呼ばれる肌の断層で生成がされて分泌をしています。
もともとメラニンは紫外線などの刺激から肌を守るために分泌して守っている役割をしています。

 

ただ、乳首にハイドロキノンのような刺激の強い成分をつけることによって、メラノサイトが刺激をされ過剰びメラニンを分泌する原因となります

 

メラニンの除去をする働きがあるのですが、逆にメラニンを過剰に分泌してしまう原因となるのですね。
そのため、乳首が余計に黒くなることがあります。

 

ハイドロキノンの副作用で乳首の色が悪化した人は多い

女性

 

乳首にハイドロキノンをつける人はいるのですが、逆に悪化をしてしまい後悔をしている人も多いです。

 

もともと黒かったものが余計に黒くなってしまうので、色がかなり濃い色となります。
彼氏がいたり、友人と一緒に温泉などにいったことがあるのであれば、色が濃くなったのに気づかれる可能性もあります

 

いくら彼氏などに遊んでるのと乳首の色は関係ないよといわれても、いきなり色が変わっていれば疑われること間違いなしです。
色がうすくなってるぶんにはそこまで気づかないものですが、濃くなると目がいってしまうので気づかれやすいって特性もあります。

 

また、後悔しているのは色が余計に濃くなったからだけではありません。
バストトップ周辺にボツボツ・ブツブツと白い斑点やイボのようなのができることも多いです。

 

ハイドロキノンが肌に強い成分だけあって、肌あれをおこしてしまうのですね。
刺激の強く副作用のある成分となるので、悪化した人も多くしようの際には覚悟が必要となります。

 

リスクのない方法でも色はピンクにできる

乳首ピンククリーム

 

黒い乳首をピンクにする方法はハイドロキノンだけではありません。
他にも効果がある方法はあります。

 

なかには多くの人が効果に満足をしている方法もあります。

 

数年前までは乳首をピンクにするのであればハイドロキノン・ヨーグルトのホエイ・美白化粧品が主流でした。
他に方法がなかったのですね。

 

しかし、乳首をピンクにするため専用のクリームの開発もされるようになっています。
リスクがないにもかかわらず、使った人の約94パーセントもの人が満足のいく効果を得ているほど、効き目があるのですね。

 

それも速効性が・・・

 

ハイドロキノンのような刺激が強くて逆に黒くなる原因となるリスクがある方法ではなく、乳首に塗るために刺激を抑えてつくられている専用のクリームを使ったほうがいいのではないでしょうか?

 

 

>>>乳首黒い人のクリームランキング