MENU

乳首が黒くなる原因は大きくわけて4つ

女性

 

ここではもともと乳首が黒い人ではなく、乳首が黒くなる原因について紹介していきます。原因が分かるからこそ、これ以上黒くならないための対策をすることができます

 

彼氏に嫌われたくなかったり、遊んでいる人と間違われたくない人はご覧ください。

 

乳首が黒くなる原因は主に4つとなります。

  • ターンオーバーの低下
  • ホルモンバランスの変化
  • 赤ちゃんへの授乳
  • かいたりなどの刺激

 

根本的な原因としては体内にあるメラニン色素が沈着してしまうため、色が濃くなってしまいます。

 

気おつけていれば防げることもあれば、どうしようもないことまで様々となります。ひとつひとつ詳しく原因について紹介しています。

 

乳首が黒くなる原因について解説

乳首が黒くなる原因は4つ<br />

 

ターンオーバーの低下

 

本来、肌は一定の周期で古い細胞と新しい細胞が生まれ変わっています。普段目に見えている一番表面の皮膚を表皮とよぶのですが、この表皮が新しいものに変わっているのですね。

 

古い細胞は角質や垢としてはがれおち、新しい細胞が表面にでてきているのです。これをターンオーバーといいます。

 

ターンオーバーが低下をするとうまく古い細胞がはがれおちないため、表皮の古い細胞(角質細胞)とメラニン色素も一緒に残ってしまいます。そのため、色素沈着をおこし乳首が黒ずむ原因となるのです。

 

ターンオーバーを正常にするためには肌の保湿がとても大事となります。ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分で肌にうるおいを与えることでバリア機能とよばれるものが高まり、正常なターンオーバーがおこなわれるようになります。

 

乳首を黒い人に開発されたクリームにヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分が配合されているのは、メラニン色素が沈着しないための予防効果も含まれているためなのですね。

 

ホルモンバランスの変化

 

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンと呼ばれる2つのホルモンがあります。この2つはメラニン色素の細胞へ刺激を与える効果があり、過剰に分泌する原因となります。

 

そのため、色素沈着がおきるようになるのです。

 

妊婦や出産した人で乳首が黒い人は非常に多いです。妊娠をすることで女性ホルモンの量が急激に増加をするので、色素沈着を起こしているのが原因となります。

 

赤ちゃんへの授乳

 

科学的根拠とはなっていない一つの理由で赤ちゃんへの授乳があげられます。赤ちゃんがすぐに乳首を見つけることができるように色素を沈着させるようにからだの働きがあるのではないかという一説があります。

 

ただ、これに関しては事実かの実証もされていないですし、防ぐこともできません。
あくまで原因のひとつとして把握しておけばいいと思います。

 

かいたりなどの刺激

 

女性ホルモンが刺激を与えてメラニン色素の過剰分泌をさせるのと同様に直接的な刺激を与えるのもよくありません。皮膚炎や虫刺されなどにより、周辺を掻いたりすると過剰に分泌する原因となるので、色が茶色くなったり黒くなる原因の元となります。

 

そのため、かかないように気おつけましょう。

 

男性が乳首が黒い人は遊んでいたり、経験が多いと思う人が多いのはこの説から噂としてどんどん広がったのではないかと思います。男女の行為に及ぶ際に乳頭に刺激を与えるので、メラニン色素が沈着することが派生していったのではないかと思います。

 

実際は黒くなる原因はここでも紹介したように色々とあります。ただ、噂だとそういった部分は関係なしに広まってしまうので遊んでいそうってのが定着してしまったのではないかと思います。

 

乳首が黒いのをどうにかしたいのであれば、しっかりとクリームを使ってケアをしましょう
>>>乳首が黒いのとさよなら