MENU

乳首が乾燥する色が黒くなる原因にもなる

空気が乾燥している景色

 

乳首の乾燥に悩んでいる人は注意が必要です。

 

肌は乾燥をすることで少しの刺激を受けることでかゆみがあらわれるようになります。もしも、すでにかゆいと感じているのであれば大分カサカサとなっていて、皮が切れてしまったりの経験をしているかも知れないですね。

 

他にも乳腺があるので透明な液体がでてきたりなんて症状があらわれることもあります。

 

肌が刺激に弱くなるってことは、メラニンが分泌される原因となり、乳首の色が黒くなることも多いです。赤ちゃんの頃はほとんどの日本人はきれいなピンクであることがほとんどです。

 

ただ、生活するうえで刺激が与えられたことによってメラニンが分泌をして、それが肌に沈着していくことで色が黒くなってしまっているのですね。

 

乳首の乾燥が色を黒くする理由!バリア機能の低下による刺激

 

乳首が乾燥をすることで、バリア機能と呼ばれる肌機能が低下をしています。

 

バリア機能とは外からの雑菌や外的刺激を保湿剤の膜によって、軽減をしています。しかし、乾燥をすることで刺激が伝わりやすくなり、かゆみや黒ずみを引き起こす原因となります。

 

  • 刺激が肌へ伝わりやすくなっている
  • 症状の悪化でかゆみがあらわれる
  • かくことによって更なる刺激へとなる

 

保湿をしっかりしてカサカサになった肌にうるおいを与えるようにしないと、どんどん症状が悪化する一方となるのですね。

 

かゆみがあらわれてからはかくのを止めることはできなくなるので保湿するにも時間がかかります。せっかくクリームで保湿をしても保湿剤の膜をかいて剥がしてしまい、更に刺激を与えることにもなるのですね。

 

どんどん負の連鎖がはじまってしまうのです。色が黒くなって後悔をする前に保湿をしっかりとするようにしましょう

乳首の保湿は低刺激のクリームを使う!顔用のだと悪化をする可能性がある

注意を促す女性

 

乳首を保湿しようとする時に顔につけている化粧品やリップクリーム、オロナインなどを使う人もいますがどれも間違いです。

 

乾燥をして刺激に弱くなっていますし、乳腺などもありデリケートなからだの部分とっています。そのため、下手に顔や別の部分につけるためのクリームや化粧品を使用すると悪影響となる可能性があるのですね。

 

実際に顔の美白化粧品と言えば含まれていることが多いのが、ハイドロキノンと呼ばれる成分です。しかし、胸の黒ずみを美白する為の医薬部外品として販売されているクリームにはこの成分は含まれていません。

 

なぜならハイドロキノンは刺激が強いことで知られ、濃度が濃くなることで医薬品となり医師の処方なしでは購入ができなくなるほどです。

 

おすすめは乳首の黒ずみクリーム!ピンククリームとも呼ばれ保湿成分も含まれる

 

乳首ピンククリームなどとも呼ばれたりする保湿成分がたっぷり配合された医薬部外品がおすすめとなります。

 

厳密にいえば美白成分と保湿成分の両方が含まれた、黒ずみ用のクリームとなっています。
デリケートな部分につけるのが前提となっているので、肌への影響の少ない成分のみで作られています。

 

乾燥をした状態の人は刺激によってメラニンが分泌され、シミのように色が黒くなってしまうこともあります。
そのため、美白成分が含まれたクリームを使うことで、保湿をしながら黒ずみへの対策としての効果を期待することができます。

 

乾燥をした状態だけを解決したかったり、かゆみを抑えたいって人であれば、低刺激の保湿クリームを使えば問題はありません。
しかし、色が黒くなってしまうのを防ぐ為にも黒ずみクリームを使う人も多いです。

 

黒ずみクリームについては下記で使った口コミを紹介しているので興味のある人はご覧ください。
乳首をピンクにするクリーム口コミ!評判と効果を含めて紹介