MENU

乳首が茶色の女性の男性の印象

 

乳首が茶色をしていると男性の印象はあまり良くありません。
まだ、茶色であれば良いのですが更に色が黒くなることも考えられます。

 

色が濃くなってしまう原因は下着が擦れたことによる刺激によってメラニンが分泌され、色素沈着をしてしまうからです。小さい頃から色が濃いなんて人はほとんどいないのですでに刺激によって色素沈着をしているのが考えられます。

 

下着による擦れとなるので常に刺激は与えられているので美白対策をしないと、どんどんピンク色とはかけ離れていき、最終的には黒くなってしまうこともあります。

 

下記は男性に行われた乳首の色に関するアンケート結果となります。

 

乳首の色のアンケート結果

 

乳首の色で男性経験が豊富とは一概に言うことはできないのですが、世の男性の多くが関係していると考えています。
逆に女性に行われているアンケートなどだと男性の乳首が黒や茶色だと同じように遊び人と考える人が多くなっています。

 

男女問わず乳首の色で経験人数を判断してしまうのですね。見た目的にも良くはないですからね・・・。
乳首が黒い女性で自分は経験人数が少ないのは分かっているにもかかわらず、黒い色をした男性を見ると遊び人と思ってしまう人も多いです。

 

乳首が茶色なだけで遊んでいると思われたくないと思っている女性で美白を行う人は非常に多いです。

 

乳首の色が茶色なのを美白で改善

 

乳首の美白を行うのであれば、乳首の美白クリームが販売されています。

 

デリケートゾーンでもある胸につける為に低刺激で作られたのが販売されているのですね。
毎日、塗ることによって皮膚の奥に美白成分と保湿成分を浸透させていきます。

 

皮膚は古い細胞を剥がし新しい皮膚細胞を常に作り出すターンオーバーと呼ばれる働きが行われているので、ターンオーバーを促進させることで色素沈着した茶色い皮膚細胞を剥がれるようにしていまきます。

 

注意をしなければいけないのは刺激です。

 

刺激がメラニンを分泌させる原因になるにもかかわらず顔用の刺激成分が配合されて美白化粧品を使ってしまう人もいます。しかし、刺激が与えられれれば美白ではなく更に茶色になることもあるので、絶対に気おつけた方が良いのですね。

 

茶色であればまだ救いはあります。ただ、何の対策もしないと既にメラニンが色素沈着をしているので色がだんだんと黒くなることも考えられます。
手遅れになる前に早めに乳首の美白をするようにしましょう。

 

乳首が茶色ならまだ救いはある

 

乳首の色は赤ちゃんの頃は誰もがきれいなピンクをしています。

 

胸に刺激が与えられるようなこともないのでメラニンが過剰に分泌されるようなことはなく、本来の肌のきれいなピンクをしているのですね。しかし、だんだんと生活するうえで洋服の擦れや大人になればブラジャーによる擦れによって刺激を受けていくことになります。

 

小さい頃に上半身裸で水浴びをしているなんてこともあります。
だんだんとピンク色から茶色に変わって黒色へと変わっていくのですね。

 

また、乳首が茶色なら黒い人に比べれば改善するまでにかかる時間も少なく済みます。
それだけ色素沈着をしている皮膚も多いって事ですからね。

 

乳首の色で今後ずっと悩み続けたくないのであれば美白対策をしてはいかがでしょうか!?
>>>乳首クリーム口コミ