MENU

乳首を美白してピンクにする方法は6つ

20代の女性

 

乳首が黒いと彼氏や友人に遊んでると思われてしまいます。
実際のところは乳首の色は遊んでいるかは全く関係なく、子供のころから色が茶色だったり黒だったりする人は多いです。

 

しかし、勘違いされて疑われるのも嫌なものです。
では、乳首を美白してピンクにするためにはどうすればいいのでしょうか?

 

方法は全部で6つあります。

 

  • 乳首を美白する専用のクリーム
  • わきの黒ずみを除去するクリーム
  • 美白化粧品
  • ホエイパック
  • ハイドロキノン
  • トレチノイン

 

このなかでも効果があったと評判が一番いいのが専用に開発されたクリームでその次にわきの黒ずみを除去するクリームです。

 

他の4つに関しては成分的には美白効果があるのですが、からだのなかでも繊細な乳首に塗ることで余計に黒くなったり、プツプツができて肌荒れがおきたって人も多いです。
それぞれ詳しくご紹介していきます。

 

乳首を美白する方法

乳首を美白する方法は6つ

 

乳首を美白する専用のクリーム

 

最も効果がでたと評判のいいのが乳首を美白するために作られているクリームです。

 

毎日、入浴後に塗ることによって含まれている成分が美白効果を与えていきます。
人気の高いものであれば使用して効果に満足している人が94パーセントと満足度の高いものもあります。

 

他の方法と違って言えるのは乳首をピンクにするために開発がされており、刺激の強い成分を抑えるとともに、しっかりと黒くなっている原因のメラニンを発生させているメラノサイトまで成分が浸透するように開発されています

 

わきの黒ずみを除去するクリーム

 

わきやひじの黒ずみを除去したい人のために開発がされたクリームとなります。

 

乳首をピンクにするためのクリームが販売されるまでは、わき用などを代用として使用している人が多かったです。
からだの部位は違えど色が黒くなっている原因は同じでメラニンとなります。

 

そのため、メラニンを除去するための有効な成分が配合されているので効果的な方法ではあります。
ただ、商品によっては肌の角質層と呼ばれる肌の表面までしか成分が浸透しないものがあったりするので、どれを利用するかはきちんと選ばなければなりません。

 

角質層の更に奥にある基底層まで美白成分が浸透するようにつくれらているのを利用する必要があります。

 

美白化粧品

 

美白用の化粧品を乳首に塗ることで黒くなっている原因のメラニンを排除して色をうすくしていきます。

 

わきの黒ずみを除去するクリームと同様に基底層まで成分が浸透するものをしっかりと選ばなければ効果があらわれないです。
美白化粧品をつかうのであればもうひとつ注意をしなければいけないことがあります。

 

からだのなかでも繊細な乳首に塗るために開発されているわけではないので成分の刺激が強すぎたりするものがあります。
刺激を与えてしまうとメラニンの発生を促進させてしまうので色が更に黒くなってしまう副作用があります。

 

肌あれを起こすこともあるのであまりおすすめすることはできないです。

 

ホエイパック

 

ヨーグルトの含まれている透明な液をホエイと呼びます。
ホエイにはビタミンなどが含まれているので肌のターンオーバーを正常な周期にする働きがあります。

 

ターンオーバーの周期が崩れるとメラニンがはがれずに体内に残ってしまうので色が黒くなる原因となります。
美肌にすることでメラニンが残らないようにすることで美白化を図っていきます。

 

一時期、TVなどでホエイが優れている成分ってことで放映されたことで乳首に塗る人も増えました。
しかし、効果があらわれなかった人は非常に多いです。

 

しっかりと基底層まで成分が浸透しなければ効果はほとんどあらわれないのですね。

 

ハイドロキノン

 

肌の漂白剤ともいわれ美白効果に優れた成分がハイドロキノンです。

 

ハイドロキノンには黒くなっている原因であるメラニンを除去する働きのある優れた成分です。
しかし、刺激の強い成分のため注意して使用しなければなりません。

 

美白化粧品などにも含まれていることの多い成分なのですが、ひとつの化粧品に2パーセント以上、配合してはいけないと規制がかかっているほど刺激のある成分です。

 

からだのなかでも繊細な部分である乳首に刺激のある成分を塗ることでメラニンの量を促進させて色を更に黒くしたり、肌荒れがおきる可能性も高いので注意が必要です。
美白目的でつけたものの逆にプツプツができたり色が濃くなったという話も多いのでおすすめすることはできません。

 

また、ハイドロキノンは皮膚に浸透しづらい成分なので肌の基底層まで浸透しない可能性があります。

 

トレチノイン

 

トレチノインはメラニンを剥がす効果のある成分です。

 

しかし、ハイドロキノンと同様に刺激の強い成分となるので使用には注意が必要となります。
ハイドロキノン同様に逆に色が濃くなってしまったと後悔している人も多いです。

 

肌に使うには注意して使わなければならない成分なので、濃度が0.1パーセント〜0.01パーセント程度含まれていることが多いです。
乳首に塗るのであればできるだけ濃度の少ないのを選ぶようにしたほうがいいと思います。

 

乳首を美白するならどの方法がいいの?

黒ずみに悩む20代の女性

 

言うまでもなくですが、乳首を美白してピンクにするのであれば専用に開発されたクリームを使うのがいいです。

 

もしも、わきの黒ずみを除去するためのものをすでに持っているのであれば、乳首に塗ってみるのもありです。
ただし、効果がでなかったりするのであれば乳首専用のに変えたほうがいいです。

 

乳首を美白するうえで注意しなければいけないのが逆に更に黒くなってしまうことです。

 

彼氏にいくらいい訳をしようといきなり色が変わっては遊んでいるのではないかと疑われてしまいます。
色がうすくなる分には目立たないものですが、濃くなってしまうと視界についつい入ってしまうので目だってしまいます。

 

ハイドロキノンやトレチノインは美白に優れた成分ではあるのですが、悪化させないためにも配合されている成分量や使用頻度に気お使わなければなりません。
人によって肌質も違うので適度な量も分からないのでリスクが必用となるので断然おすすめはできないです。

 

乳首を美白してピンクにしたいのなら、そのために開発されたものを使うのがいいに決まっているのではないでしょうか!?
専用に開発されているだけあって効果があったと満足している人が非常に多いクリームもありします。

 

>>>黒い乳首ピンククリームランキング