MENU

本気で乳首の黒ずみを解消したいのなら原因の解消も必要

乳首ピンククリーム

 

乳首の黒ずみを解消したい人で間違ってしまうのが、美白成分の含まれたクリームを使えば良いと思ってしまうことです。

 

ダイエットをはじめる際に酵素ドリンクだけで運動をせずに痩せれると期待してしまう人は多いです。しかし、実際にはそんなうまい話しはなく、多くの人が失敗をしてしまいます。

 

それは乳首の黒ずみを解消することでも同様のことが言えます。

 

確かにクリームには美白成分や保湿成分など黒ずみに必要な成分が含まれています。しかし、すでにあなたの乳首が黒いのであれば、同様に原因を解消ができていないからでもあります。

 

そのため、本気で黒ずみを美白しピンクにしたい!

 

このように考えるのであれば、原因の解消をしながらクリームでケアをすることが必要となります。この片方が抜けてしまえば効き目を実感できないこともあれば、逆に更に色が黒っぽくなってしまうこともあります。

 

当然のことながらケアをしても原因の部分が大きければ悪化を弱めているだけでしかないのです。

 

乳首の黒ずみを解消するなら原因の解決!日焼けで黒くなっても元の色に戻る理由

黒ずみ解消について解説する医者

 

乳首の黒ずみを解消するなら原因を知るのが大事なのですが、多くの人はこの部分を無視してしまいます。
この部分がなぜ大事なのかは説明をするので騙されたと思って少しだけ読んでください。

 

色が黒くなってしまう原因は刺激によって角質層で作られたメラニンが皮膚に付着をして、色素沈着をしている。しかし、肌は古い皮膚を排出して、新しい皮膚を作りだしています。ターンオーバーと呼ばれるのですが、もしかしたら聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

ようするに色素沈着をした古い皮膚も角質となって排出がされ、新しい皮膚が作りだされているのです。
夏に海などで日焼けをすると一時的に肌の色が黒くなってしまいます。

 

しかし、時間がたてばだんだんと薄くなり、元の色になっていきます。
日焼けはあくまで一時的に紫外線にさらされた刺激によって、メラニンが色素沈着をしているからです。

 

黒ずみの原因の部分は解消がされるので、元の肌の色に戻るのですね。

 

乳首の黒ずみもそれと同様に原因を排除することが非常に大事なのですね。この部分が抜けてしまえばケアと原因の両方がぶつかった状態になっているのですね。

 

黒ずみクリームの口コミなどを見ればわかりますが、効き目を感じている人もいますし、全く効き目がない人もいます。それは当然のことでどんだけ高価のクリームだとしても同じことが起きます。

 

まだ原因について詳しく調べていなくて分からないって人は下記で解説をしているのでご覧ください。
>>>乳首が黒くなる原因は刺激!色が黒いのは色素沈着による黒ずみ

 

乳首を洗うのは肌に優しい石鹸!黒ずみ用や高価のを利用しなくて良い

黒ずみ用の石鹸

 

乳首が黒いのを解消しようとして多くの人が失敗をするのが、お風呂での石鹸の扱いです。

 

黒ずみの原因としてはブラのサイズが合わないことによる刺激や乾燥があげられます。ただ、この部分は簡単に解決がすることができないですが、逆に悪化をさせてしまっている部分がお風呂でからだを洗うことです。

 

最近では美容成分が含まれた石鹸などが様々と販売がされています。

 

たしかに石鹸に美容成分が含まれていないよりは、含まれているにこしたことはありません。しかし、あくまでからだを洗うのは美容としてでも、汚れを落とす為にあります。

 

そのため、石鹸には皮膚に刺激を与えてしまったりするものの、汚れを落とす為の成分が含まれています。

 

当然のことながらからだを洗う際には石鹸の泡を付けたままにすれば、この成分によって肌は荒れてしまいます。だからこそお湯で洗い流してしまうことになります。

 

しかし、美容成分が肌にすぐに浸透をすることはありません。時間をかけて角質層の中に入りこんでいくのですね。

 

黒ずみ解消に必要なのは美容成分が豊富な石鹸を使うことではありません。肌にやさしい成分で作られた石鹸できちんと汚れを洗い落として、クリームなどでケアをして美白成分や保湿成分を浸透させることです。

 

原因を解消する為の予防は簡単!

予防に成功して喜ぶ女性

 

予防といっても特別大変なことをしなければいけない訳ではありません。乳首が黒ずむ原因は刺激によって、からだの中の肌の断層であるメラノサイトがメラニンを分泌して、皮膚に沈着してしまうことです。

 

そのため、大事なのは刺激を与えないこととターンオーバーを正常にすることが予防に大事となります。

 

肌のターンオーバーをうながすことによって、古くなった角質や垢などと一緒にメラニンを体外に排出することができるようになります。すでに色素沈着がしている古い皮膚を排出することができるのですね。

 

また、そもそもの原因となるメラニンの分泌を抑えるようにするためには刺激を与えないようにすることが必用となります。

 

刺激を与えないようにするためにはサイズの合ったブラジャーをつけることが必用となります。
パカパカであったりすると擦れることによる摩擦などによって刺激が与えられてしまうので、ぴったりのものを利用するようにしましょう;。

 

その上でケアをする際のクリームを肌に優しい成分で作られたもので、美白成分が含まれたのを使う必要があります。

 

乳首の黒ずみの解消は原因を予防して美白ケアをしていく

乳首の美白クリーム

 

ここまでで黒ずみの原因を解消する為の予防について解説をしました。
しかし、本気でどうにかしたいのであれば、美白ケアをしていくことが必要となってきます。

 

すでに色が黒くなっている人の多くは乾燥をしていることが多いです。これが考えられる理由としては乾燥をするとバリア機能が低下をしてしまい、肌が刺激に弱くなってしまうからです。そのため、刺激によって黒ずみができてしまっているのが逆に考えらるのですね。

 

そのため、保湿をしてバリア機能を回復させることが有効な方法となります。
また、一緒にターンオーバーを正常にする為のケアとしても有効な方法でもあります。

 

そして、もうひとつ必要なのが美白をするってことです。

 

多くの人が勘違いをしているのは美白とは肌を白くすることではありません。メラニンの生成を抑制する成分が含まれたのが美白クリームとなっています。ようするに黒ずみの原因を解消する部分を担う成分でもあるのですね。

 

ようするに美白と保湿の両方のケアをすることで、バリア機能とメラニンの生成を抑制しながら、ターンオーバーを正常にすることができるのです。
そして、黒ずみを解消することに必要となるのが、予防と肌機能の改善の2つなのですね。

 

詳しい美白の方法については様々な方法を下記で解説をしているので、興味のある方はご覧ください。

 

>>>黒い乳首を美白する4つの方法!顔の美白クリームを使うのは注意

 

黒ずみ解消におすすめの美白はクリーム!ハイドロキノンやトレチノインは副作用のリスクが高い

 

 

乳首の黒ずみを解消する為に使う為におすすめのはクリームを使った美白です。

 

医薬部外品となっている美白成分・保湿成分・美容成分が含まれた、肌にやさしい成分で作られたのが販売されています。乳首ピンククリームなんて呼ぶ人もいますが、黒ずみクリームで販売がされており、人気のある方法です。

 

効果が高い方法としてあるのがハイドロキノンやトレチノインなどの薬を使うことです。

 

しかし、このどちらの成分もとても刺激が強い為、副作用もあり医師に処方をして貰う必要がある薬でもあります。輸入代行業者を利用することで海外で一般販売で認可がされているのを通販感覚で購入ができますが、あまりおすすめすることはできないです。

 

日本で医師が処方が必要となっているのは、副作用のリスクなどきちんと理由があるからです。

 

副作用としては刺激から乳首がドス黒くなる・肌が荒れる・乳輪が大きくなる・ニキビのようなぶつぶつができるモントゴメリー腺などが考えられます。また、効き目が高すぎて白斑と呼ばれる肌色やピンクではなく、真っ白になってしまうこともあります。

 

以上の理由から黒ずみを美白する方法としては医薬部外品のクリームを使っていくのがおすすめとなります。

 

まとめ

 

どんな肌トラブルでも言えることですが、人によって効き目を感じるものもあれば、感じないものもあります。

 

口コミなどを見ると肌に合っていないのが原因かもと書かれていることがあります。確かにそれは間違いではありませんが、必ずしもそれが成功と失敗を分けている訳ではありません。

 

人によって原因の部分が与えている影響が異なっているので、クリームを使ってケアをしているだけでは、逆に悪化をしてしまうことは当然のことながらあります。
ニキビができてそれ用の石鹸を使っているのにどんどん増えてしまうこともあります。

 

肌に合っていない可能性もゼロではありませんが、石鹸が悪いとは言い切れません。
乳首の黒ずみを解消したいのであれば、きちんと原因を解消をして、ケアをしていくことが必要となります。

 

人気の乳首に使える医薬部外品のクリームでどれを使うかまだ決まっていない人は下記をご覧ください。
>>>乳首をピンクにするクリーム口コミ!評判と効果を含めて紹介