乳首が黒いのをピンクにするなら

黒い乳首に悩む女性

 

黒い乳首に悩まされているなんてことはありませんか?

 

小さいころからもともと黒い乳首でも高校生ぐらいになると彼氏ができたときのことを考えるようになります。コンプレックスとなってしまうので、裸になるのにも抵抗がでてしまいます。

 

別に遊んでいるわけではないのに・・・

 

男性で乳首が黒い人にかかえている印象は最悪なものです。

  • 遊び人・経験が多い
  • 一気に冷める・引く
  • 汚い・不潔
  • 付き合う気をなくす・幻滅する

 

ひどい人になるとそれを友人との飲み会で話して笑い話にする人もいます。
でもあきらめる必用は全くありません。

 

乳首が黒いのであればピンク色にするための対策をすればいいだけです。今ではいろいろな商品が販売されるようになり、あらゆることに対策ができるようになりました。乳首をピンクにする対策もそのひとつです。

 

でも、彼氏や家族にばれないか心配・・・からだの悩みなので彼氏はおろか家族にも知られたくないものです。しかし、ばれないような配慮をして販売しているものも多くその点は心配をする必用はありません。

 

今、乳首が黒い人で美白してピンクにしようとする人は増えているんですよ。

 

黒い乳首をピンクにする方法

効果があるのが専用のクリーム

 

乳首をピンクにするための方法は大きく分けると4つとなります。どの方法にしろ何を乳首につけて黒ずみの原因となっているメラニン色素の沈着を除去するかになってきます。

  1. 専用のクリームをつける
  2. 美白化粧品・黒ずみ化粧品
  3. ハイドロキノン・トレチノイン
  4. ヨーグルトのホエイ

人気の方法が専用のクリームです。乳首をピンククリームと呼ばれる美白クリームなので、刺激のない成分を配合し、浸透力と美白成分によって乳首のピンク化を行います。しかし、中には浸透力が優れていないため効果があらわれないものもあるので、どのクリームを使うかは重要となります。

 

また、クリームにも2種類あり美白をするのと、化粧品のように着色して色をピンクするためのがあります。着色剤だと下着に擦れたりすれば当然色は落ちますし、お風呂に入れば落ちてしまいます。美白をするクリームと間違えて購入しないようにしましょう

 

顔用の美白化粧品、黒ずみ化粧品、ハイドロキノン、トレチノインは刺激の強い成分が配合されていることも多いので注意が必要です。特にハイドロキノンとトレチノインは、配合されている量によっては医師の許可を取らないと日本では使用できないほど、肌への刺激が強く、色が余計に黒くなったり、乳輪が大きくなり後悔している人もいるので注意が必要です。

 

ヨーグルトのホエイはビタミンやタンパク質などを含み優れた成分とはなるのですが、乳首の美白効果を感じている人はほとんどいなく、途中で挫折する人が多いです。

 

乳首ピンククリームランキング

 

ホワイトラグジュアリープレミアム

ホワイトラグジュアリープレミアム

 

ホワイトラグジュアリープレミアムは厚生労働省から認可のでている医薬部外品で乳首が黒いことで悩む人のためにつくられました。

 

販売前のモニタ−に300名参加をしていて、94.8パーセントもの人が美白を実感している効果のあるクリームです。

 

速効性のあるビタミンC、中間型のビタミンC、持続性ビタミンCの3種類のビタミンを配合することにより、美白してピンクにする速効性と持続性の2つの特徴があります。

 

黒ずみの発生源であるメラノサイトは肌の基底層にあるのですが、ここまできちんと成分が行き届かなければ意味がありません。ホワイトラグジュアリープレミアムは肌の基底層の更に奥の真皮層まで、しっかりと成分を浸透できる成分を配合しているので美白効果を実感できているのです

 

満足度も非常に高く、効果重視で選びたいって人に人気のクリームとなります。

 

 

価格 5,980円(税込み) 送料無料
お支払い方法 代金引換便 クレジットカード

 

口コミ

ホワイトラグジュアリー

 

イビサクリーム

イビサクリーム

 

脱毛サロン「Ibiza」によって作られたクリームとなります。

 

からだの中で乳首よりも刺激に弱いデリケートゾーンの黒ずみにも使えるように作られているので、兼用として使うことも可能です。

 

美白効果があると厚生労働省に認可されているトラネキサム酸を配合することで効果を上げ、顧客満足度も非常に高くなってます。保湿することを重点に作られており、肌のターンオーバーを促すことで古い皮膚細胞(角質)を剥がし、新しい皮膚細胞の形成をすることで美白を行っていきます。

 

黒ずみ対策だけでなく乳首の乾燥やかゆみを解消したい人にも人気となっており、返金保障もついてるので安心して利用ができます乳首とデリケートゾーンの美白を行いたい人におすすめのクリームです。

 

 

価格 4,970円(税込み) 【送料無料・返金保障】
お支払い方法 コンビニ払い・クレジットカード

 

口コミ

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

 

 

 

ピューレパール

ピューレパール

 

わき・乳首・ビキニライン・膝・ひじとからだのいたるところにある黒ずみが気になる方のためにつくられました。

 

口コミでも89.7パーセントが高評価と人気があります。

 

プラセンタ・ビタミンC誘導体・グリチルリチン酸2K・米ぬかエキスの美白効果のある成分を配合することで黒ずみの原因となっているメラニンを元から分解していきます。

 

定期購入をすることで返金保障がついているので、黒い乳首をクリームで美白する効果が本当にあるのか心配な人に人気のクリームです。

 

 

価格 4,750円(税込み) 【送料無料・返金保障】
お支払い方法 代金引換便 クレジットカード

 

口コミ

 

 

黒い原因はメラニン色素の沈着

メラニンが沈着するので乳首が黒くなる

 

乳首が黒い原因は体内で生成されるメラニンが関係しています。

 

色が黒いメラニン色素が肌に沈着をしてしまうので赤ちゃんの頃はピンク色だったのにだんだんと茶色から黒へと変わっていきます。
メラノサイトと呼ばれる肌の断層でメラニンは生成されるのですが、過剰に分泌させる原因が刺激です。

 

日々、洋服がこすれた摩擦や紫外線などの刺激が与えられているので色が黒くなってしまうのですね。

 

また、加齢や妊娠することによるホルモンバランスの変化で女性ホルモンが色素の細胞を刺激することで乳首のメラニン色素が増えてしまうこともあります。

 

黒い乳首の人は老けている印象を男性はもたれますが、それは出産をした妊婦さんやお母さんの黒い乳首を小さいころから見ている印象が関係しているのですね。

 

原因から考えて貰えれば分かるのですが、乳首を美白してピンクにしたいのであれば肌に沈着をしたメラニンをどうにかする必用があります。
そのため、クリームを使ってケアを行う必用がでてくるのです。

 

着色するだけの乳首クリームもあるので注意

黒い乳首に戻ってしまう

 

乳首ピンククリームと呼ばれる美白商品にも2種類あります。

 

黒い原因であるメラニンに作用して美白を行っていくものもあれば、直色して色を変化させるだけのクリームもあるのですね。上のランキングで紹介されているのに関しては根本的原因であるメラニンの発生減に作用するタイプのものですが、薬局やドラッグストア、百貨店などでは着色するだけの物が販売されていることもあります。

 

もちろん、通販などでも同様に販売がされています。

 

着色剤によって色を変化させているだけなので、当然、剥がしてしまえば色が落ちてしまいます。ブラに付着して元の黒い乳首に戻ってしまうこともあれば、お風呂に入って水で洗い流されてしまいます。

 

速効性効果が期待できますが、あくまで一時的で元の肌の色に戻ってしまうのです。

 

間違えて購入してしまうと直ぐに戻って全く効き目がないなんてことにもなりかねないです。美白するものではないので、当然の結果ではあるのですが、勘違いをしてしまっているのですね。

 

ヨーグルトのホエイでは効果がでない人は多い

ホエイでは浸透力が足りていない

 

少し前であれば乳首が黒い人に注目がされていたのはヨーグルトに含まれているうすい膜のホエイ(ホエー)やハイドロキノンの配合された美白化粧品でケアをすることです。

 

しかし、ホエイで乳首を美白してピンクにする方法を試し人は多いものの、ほとんどの人が失敗に終わっています。美白成分とメラニンの発生源である肌の断層まで成分を浸透させる能力の関係で効果があらわれていないのですね。

 

肌には表皮などの細胞がある角質層、更に奥にある基底層、また更に奥にある真皮層と何段もの皮膚の層によってできています。黒ずみやシミの発生源となるメラノイサイトに関しては基底層の部分で生成がされているので、ここまで浸透させなければ効果はほとんどあらわれません。

 

化粧品のチラシや通販サイトを見ていただければ分かると思うのですが、大抵は角質層まで成分を浸透させると書かれています。そのため、ハイドロキノンを配合した美白化粧品を利用しているにもかかわらず効果がでていないのは浸透力が足りていないのですね。

 

乳首が黒いのをどうにかしたいと考えるのであれば、基底層まで成分を浸透させる浸透力にすぐれたものを利用するといいです。

 

ハイドロキノンとトレチノインは乳首の色が黒くなる

 

美白効果が優れているとして有名なのがハイドロキノンとトレチノインです。乳首に塗る人も多いのですが、刺激の強い成分なので逆に乳首の色が黒くなる人も多いのでおすすめすることはできません。

 

出産すると乳首が黒くなってしまうので産婦人科などで処方されたりする薬なのですが、日本では医師の許可が無ければ使用してはいけないほど刺激が強く副作用のあるクリームとなります。

 

輸入代行業者を使うことで海外から代わりに仕入れてくれるので通販を利用するのと同じ感覚で購入ができてしまいます。そのため医師の相談なく安易に使ってしまう人もいるのですが、肌への刺激からメラニンを過剰に分泌させてしまい色が濃くなってしまったり、肌荒れを起してしまう人が後をたたないのですね。

 

日本では医師の判断が無ければ販売できないほどリスクがあるのを知らずに使用してしまっているのです。病院で処方する際にも配合量を考えたものが渡されますが、刺激が強いってことは説明がされます。

 

乳首ピンククリームも販売がされている中で、あえて危険な方法を取ることはおすすめすることはできないです。せめて病院へ通って医師と相談の元、利用しましょう。

 

どのクリームを使えばいいか迷ったら

ホワイトラグジュアリープレミアム

 

乳首が黒いのをどうにかしたいのであれば、間違いなくおすすめはホワイトラグジュアリーです。

 

ピンクにするために開発がされた美白クリームで、有効成分がしっかりと配合されており、効果を実感している人が約94パーセントと非常に高いです。また、速効性を持つビタミンが配合されているので効果を実感するまでの期間が早い人が多いです。

 

また、プッシュ式でクリームがでるので必用以上に使いすぎてしまう心配もなければ、適度な量がでてくるので使い勝手も良いです。

 

ただ、敏感肌の人で肌にあわないのではないかと心配な人であれば、イビサクリームを利用すると良いと思います。デリケートゾーンの黒ずみに使用している人も多く、刺激が限りなく少ないクリームとなります。また、少し価格も安く返金保障もついてるので安心して使うことができるのではないでしょうか!?。

 

乳首が黒い人のために作られているだけあって、最初からホワイトラグジュアリープレミアムを利用するのがおすすめではあります。

 

ホワイトラグジュアリー